2022年10月7日金曜日

新井くんへの謝罪と感謝 〜Jazz vs. Classic 〜

わたしはかつて、神奈川県にある私立の中高一貫校に通っていました。
今回はそのときの同級生の一人だった新井くんへの、半世紀以上前になるあの時の失礼に対する遅ればせの謝罪メッセージです。

実は、当時の新井くんはとてもシャイで気の優しい少年だったので、わたしの当時の失礼と心無い暴言を持前の寛容さで受け止めて、「気にしてなんかいないよ」なんて軽く言って、とっくの昔に受け流してくれていたかも知れませんが、私の中ではずっとその失礼に拘ってきました。

正直なところ、高校を卒業し、大学、社会人と時が経ち、いっときそんな気持ちが消えかけた時期もありました(すいません)が、いつか機会があれば謝意を伝えたいと思っていました。ネットという便利なコミュニケーションツールを得て、いまここにこうした手段で伝えることができるのは、私にとってはとてもラッキーなことだと思います。
しかしながら、君にとっては好ましいかどうかはわかりませんが、どうかお許しください。

LoggaWigglerによるPixabayからの画像


思えば、高校生の頃だったと思いますが、その頃のわたしはレコード鑑賞部に入っていて、クラシック音楽をさもわかったような顔をして聴いていたように記憶します。
日本のグループサウンズ、洋楽POPS、ROCKそしてクラシック音楽と、音楽全般好きでしたが、当時は何故かジャズだけは敬遠してました。

一方、新井君が当時何部に入っていたのか覚えていませんが、ジャズが大好きだったのはハッキリと覚えています。そう、普段目立たなかった君がジャズのこととなると熱く語っていたのが印象的でした。

そんな君に対し揶揄うようにわたしは「ジャズなんか音楽じゃない!」なんて残酷なことを言ったのでした。それに対して新井くんはチョッとこまった様子だったけれど、反論することもなく「よわったな〜」という顔をしていましたね。

WikiImagesによるPixabayからの画像


そんな時、単純だったわたしは、クラシック音楽の優位性を主張し、あたかも勝ち誇ったかのように、優越感に浸っていたのでした。
今になって思えば、新井くんにとって当時のわたしは、実に浅はかで思いやりの無い最低なヤツだったでしょう。
自分自身でも、あの頃の自分は一番やな奴だったと思うから。

ただ、チョッと言い訳がましいと思いますが、当時の自分はユーモアと、冗談半分の気持ちでした。悪気は無かったと言っても、言われた方の身になってみれば、とても辛く、とんでも無いことですよね。

そう、あの頃の自分は相手の身になって考えるということができなかった。
その点新井くんはジッと耐えることができたのだから、わたしよりズッと大人だったのだと思います。

あの頃を思い出すと、なんとも気恥ずかしく情けない。今ここにデリートキーがあったらあの時代を削除したいところなんですが・・・


果たしてこのメッセージが君に届くかどうかは分からないけれど、懐かしく思ってくれたら幸いです。そして、あの頃のわたしの失礼をどうか許してください。
同時に、あの時の新井くんとの会話がなかったら、ジャズへの関心は今でもなかったと思っています。
ビル・エヴァンス、マイルス・デイビス、そしてジョン・コルトレーンなど、彼らの名曲名演を知ることができたのも新井くんのお陰です。

DanielによるPixabayからの画像


今思えば、あの時の新井くんのジャズに向けた語り(今なら差し詰め解説にあたるかも)を真剣に聞いていればと悔やんでいます。
なぜなら、そんな語り合いができる相手はそうそういないからです。

いまのわたしなら、君と対等とはいかないまでも、恐らくそこそこのジャズ談議が交わせるのではと思っています。なんとも愚かでした。


ところで、当時の新井くんのご贔屓アーチストは誰だったのでしょうか。
あの時代だからバド・パウエりやMJQ、あるいは妥当なところでやはりマイルスか?
そんなことも訊ねたかったところです。

ちなみに、現在のわたしはビリー・テーラーなる当時(1950年代から活躍)活躍していたピアニストをApple Musicで発見し、只今お気に入り中です。
ジャズに詳しい新井くんなら、ビリー・テーラーのこと当時から知っていたでしょうね。

それでは、ご機嫌よう!
謝罪と感謝の意を込めて


2021年10月24日日曜日

SDGsを流行語にしないでください

Łukasz WiniarskiによるPixabayからの画像

SDGsを流行語にしないでください


この原稿を書いている今日は、2021年10月23日の土曜日です。

このところ、寒い日が続いています。天気予報によれば12月中旬の陽気とのこと。

つい先日まで、暑い暑いと大騒ぎしていたのがウソのようです。

やはり、異常気象なのでしょうか?


温暖化による自然への影響が指摘されてから久しい昨今。

世界各地でその影響と思われる自然災害が後を絶たない現状に対して、頑なにその影響を

否定する人たちが少なからず存在しているのも、またこの世界の現実です。

人間のエゴがこの地球に棲む動物や植物を、そして究極は私たち人間をも絶滅へと導いているように私には思えてなりません。

その兆しとして、ゲリラ豪雨や台風の巨大化など年々エスカレートしてきています。
東日本大震災以来「想定内」、「想定外」といった言葉が都合よく使用されているように思いますが、何れにしても毎回犠牲者が出、それを毎年繰り返しているのが現状です。
「想定」という単語が安易に使われすぎているようです。

かつて私が幼少の頃は竜巻など日本にはなかった事象です。
遠く離れたアメリカやアフリカなど、広大な土地での自然現象と聞かされていました。
昭和生まれの私はそう記憶しています。


Sasin TipchaiによるPixabayからの画像


歴史的にみれば、京都議定書(1997年)やパリ協定(2015年)などの決議のもと、地球規模での環境問題への対応は一歩一歩着実に行われてはいるのでしょうが、後発の経済発展の国々(BRICs)との足並みは揃っていません。

昨今、テレビやメディア等で盛んに取り上げられているSDGs(持続可能な開発17の目標)もまた環境問題への具体的な対策の一端をなしていると思います。

SDGsについてはここで取り上げるまでもないことと思いますので、内容についてはここでは触れませんが、この取り組みの評価できるところは、従来のそれが理想論を掲げるばかりだったのに対して、SDGsは取り組みの目標を具体的に示したことにあると思います。

しかしながら、新型コロナの対応に於いても同様でしたが、SDGsの温暖化対策に於いても、経済の発展という大義との兼ね合いが大きな壁になるでしょう。
少なくとも、我が国においてはSDGsがこれまでと同じように流行語(ブーム)のひとつとして、消え去らないことを祈るばかりです。
私を含め、日本人の悪いところは横文字に弱いところです。従来と同じ内容の事柄でも横文字に置き換えられると何か「新しいこと」、「画期的なこと」と思いがちな点です。
最悪なのはそれで「やった気になってしまう」という甚だの勘違いです。


Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像


先ずは、言い古されたことですが、コロナ対策と同様に私たち一人一人が身近なところから自分自身の生活を見直し、やるべき事を着実にやることが大切だと思います。
「ゴミの分別」、「ゴミのポイ捨てをしない」、「食品ロスをなくす」、「電気水道のムダ使いをしない」など私たちの身近でできることはたくさんあると思います。
そしてその行動を継続(持続)させることが何より肝心です。


思うに、夏の暑さは6月、7月に、そして9月の長雨は8月にと、ここ数年を思い起こしてみても、季節も人間同様にあくせくと前かがみに急いでいるように私には思えるのですが・・・